ルイボスティーに含まれるビタミンやミネラル

ルイボスティーに含まれるビタミンやミネラル

ルイボスティーとは

 

健康茶・アンチエイジング茶として注目されているルイボスティーの原産は南アフリカです。特殊な地域でしか生育出来ない希少価値の高い植物を乾燥してお茶にしています。ハーブティーの一種でカフェインは含まれていないので、子供から高齢者まで安心して飲むことが出来ます。またビタミンB1・B2・Cや複数のミネラル成分、活性酸素除去効果のある酵素が含まれています。ほんのりとした甘みがあり、渋みや苦み、味にクセがないので、ティータイムや食事時にも合わせることが出来ます。

 

SOD酵素でアンチエイジング

 

ルイボスティーの特徴的な有効成分はSOD酵素が含まれていることです。酵素は大きく分けると3種類あり、体内に存在する消化・代謝酵素は食物から摂取した栄養素をエネルギーなどに変換する働きをします。もう1種類は食物酵素で、お茶やタブレットから取り入れることで体調維持の効果があります。SOD酵素は酵素の種類の中でも特に抗酸化作用が強力で、加齢やストレスによって体内に増えすぎた活性酸素を分解出来ます。ルイボスティーにはSOD酵素以外にも抗酸化作用を持つ成分が含まれています。抗酸化物質として代表的なポリフェノールだけでなくアスパラチン、ノトファギンが含まれていて、アンチエイジング、免疫力アップ、抗炎症作用に高い効果を発揮します。

 

豊富なミネラル分

 

ミネラルはビタミンと共に5大栄養素に含まれていて、酵素がスムーズに働けるようにサポートする役割を担っています。自然界には約100種類ありますが、栄養素として人間に欠かせないのは16種類です。ルイボスティーには、カルシウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄分、マンガンなどが含まれています。必要な量は微量でも体内では生成出来ないので、食事、ルイボスティーを代表とするハーブティー、サプリメントから摂取する必要があります。